硬派な飲酒

NikomiFile

NikomiFile06新小岩「しげきん」-モツのカタチが特殊なもつ煮込み-

煮込み求めて総武線。 新小岩に着陸。 目指すは、「しげきん」です。 新小岩の立ち飲み界隈の老舗ですね。 駅近繁華街ど真ん中。 見た目はあまり立ち飲み屋さんという感じはしません。 つまり、こぎれいです。 ...
NikomiFile

NikomiFile05錦糸町「もつ焼のんき 錦糸町店」-個人的には最高レベルのもつ煮込みでした-

早速ですが、5回目にして やっと会えたね と思える、ドストライクのもつ煮込みに出会うことができました。 なんというか、とにかく絶妙です。 答えは、やはり”味付け”でしたね。 あと、具の大きさ(切り方)もかなり影...
NikomiFile

NikomiFile04錦糸町「もつ焼き”楓”」-内臓どっさりワイルド系煮込み-

全てがあるようで、居酒屋選びが難しい街「錦糸町」にやって参りました。 お店はいっぱいあるのに、コレといったパンチがない気がするんですよね。 特に、焼き鳥が難しい。 偉そうなこと言ってないで、お目当ての店に入店。 「モ...
NikomiFile

NikomiFile03中野「焼鳥 虎忠」-「上品で濃厚な味噌味のモツ煮込み」の1つの終着点-

会食 at 中央線の途中で立ち寄ったお店。 久しぶりの中野は、変わったような、変わっていないような。 相変わらず飲み屋さんが多くて選択肢が無限大なので、いい大人達があえて予約しないでブラブラ。 シースー屋さん→焼き鳥屋さん...
NikomiFile

NikomiFile02都内全域「晩杯屋(ばんぱいや)」-スタンダードの極みと言える煮込みは安過ぎて心配になるレベル-

いろいろと心配になる立ち飲み屋こと、「晩杯屋」。 都内全域に、絶妙な場所にあります。 「激安立ち飲みチェーン」の代名詞的な存在と言えるでしょう。 とにかく、安い。 1人前を、最安で提供している、まさに立ち飲み屋のお手...
NikomiFile

NikomiFile01大森「煮込み 蔦八(つたはち)」-「究極のもつ煮込み」を探すことにしました-

居酒屋で一番好きなメニューは何か? と言われれば、間違いなく「もつにこみ」になります。 「煮込み」 「もつ煮」 いろいろな呼び方がありますが、要は「モツ(内臓系)」を煮込んだやつです。 味噌ベース、しょうゆベー...
ウィスキー

「バランタイン7年」の飲み方はソーダ割一択だということが分かりました

ウィスキーには、”エイジ”というものがあります。 「年数」というやつですね。 その表記は寝かせた年数なのか、どうなのか、という難しい所はここでは触れません。 ただ、少なくともその書かれている年数よりは樽の中にいたよと。 ...
ウィスキー

男なら誰でも”田中裕子が経営するスナックで「サントリーオールド」を飲む妄想”をしているはずだ

何事も基礎からってことで、 ジャパニーズウィスキーのエントリーと言えばなんだろう・・・ と考えた際には、やっぱり「サントリーオールド」なんじゃないかと。 ニッカでも、トリスでも、角でもなく、オールド。 あえて、ではな...
ウィスキー

一番手軽にロック氷を作る方法と「神戸ハイボール」は自分が一番最初に作ったと思っていた話

氷にはこだわってください。 プロアマ問わず、お酒に関する話において必ず聞く言葉です。 何を当たり前のことを。 言われるまでもないんだよ、と。 ついね。 実際、ちゃんとした氷の方が美味しいに決まっています。 ...
缶チューハイ

そろそろ「缶チューハイの王様」を決めよう-候補になりそうな商品をピックアップしてみた-

流行ってますね。 缶チューハイ。 レモンサワーブームに沸いた世間が一転、昨今の情勢もあり”家のみ”が主流になりました。 となると、やっぱり「缶が手軽だよね」となり、缶チューハイに目が向くのは必然。 「ほろよなんとか」...
タイトルとURLをコピーしました