本格的で硬派な男の飲み物はウィスキーです

ウィスキー

ブームが一周したところで、満を持してブログでも始めようかと。

本格的で硬派なナイスガイになるために。

で、

”本格的で硬派”とは何か?と考えた時には、やっぱり「ウィスキー」でした。

男はやっぱり、ピート臭だろうと。

とりあえず、”ウィスキー道”への再入門からスタート。

もともとウィスキーは好きで、けっこう飲んできました。

最初は憧れと格好から。

”社会人デビュー即”みたいな。

本当はレモンサー飲みたいけど、みたいな。

「ワイルドターキーをラッパ飲み」みたいな、「花山薫だよね」みたいな。

ちょっと分かるようになると、もちろん「やっぱシングルモルトだよね」ってなっていきます。

「アイラアイラ」言っていた時期が、僕にもありました。

心の中では、「正露丸じゃん」って思いながら・・・

でも、いろいろ飲んでいると、いつの間にか自然と楽しめるようになるものです。

本当に好きになるまで、けっこう時間がかかりますが。

外で飲んだり、家で飲んだり、いつの間にか当たり前存在に。

だからこそ、一度初心に帰って、極めてみたいなと。

「ジョニ黒」君に決めた

で、何から始めるか・・・

  • ブラックニッカクリアブレンド
  • トリス

といった、定番且つ安いものから始めるべきなのか?とも思いましたが、この辺に関してはウィスキーにハマる前から散々飲んでいます。

いつでも、どこでも飲めるもの。

悪口ではありません。

ただ、”本当のスタート”はちょっと考えた方がいいかなと。

プレッシャーが欲しいなと。

で、白羽の矢を立てたのが「ジョーニーウォーカーブラックラベル」です。

いわゆる、「ジョニ黒」です。

ちなみに、下にあるのは「生命維持(サルサ)ソース」です。

ジョニ黒に関しては、正直見くびっていました。

スムーズ過ぎるかなと。

刺激がねぇなと。

「癖がなくて飲みやすい」という言い方もできますが、今更あえて飲まない銘柄。

だからこそ、ここから。

もちろん、ロックでしょう。

茶色いです。

ストレートでも飲んでみましたが、スムージーだからこそロックかなと。

やっぱり、ハイパースムージーでしたよ。

メチャクチャ飲みやすい。

で、おいしい。

おいしいじゃん。

これ、いくらでも飲めるやつ。

久しぶりに飲むと、けっこう味の感じ方が違いますね。

勉強になります。

この後は、ソーダ割でカパカパと。

自分の中で「ジョニ赤(レッドラベル)=ブラックニッカクリアブレンド」というイメージがあり、実際そんな感じだと思うのですが、やっぱ黒くなると全然違いますね。

まあ、ニッカにもグレードがあるので、そりゃそうだよなと。

いつか、「ブルー」を飲んでみたいものです。

もちろん、お金を出せば飲めるのですが、一歩ずつ登って行くのがこのブログのコンセプト。

長い道のりになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました