【2021年11月の銀座】久々の銀ブラはおでんとお寿司で冬にご挨拶

夜の銀ブラ

緊急ブラブラ禁止令が明けた11月、久々に夜の銀座に舞い降りたのでご報告いたします。

この日はザギン近くで会食予定のため、待ち合わせの時間まで軽めのブラブラです。

ちなみに、「会食や飲み会」を本番と考え、それまでの間に銀ブラすることを「ウォーミング銀ブラ」と呼んでいます。

本番の地がどこだろうが、軽くブラってから合流すると調子がいいんですよね。

この日は、まず大手町駅で降りて「パレスホテル」へ。

大手町駅って、なかなか地上に出られないですよね。

なんとか這い上がった後は、硬派な雰囲気を出しつつ、カクテルをいただきます。

もちろん、まだこの時点では銀ブラは始まっていません。

軽く飲んでから、いよいよ銀ブラのスタート地点を目指します。

もちろん、徒歩です。

相変わらず東京駅は映えていました。

丸の内の飲食店は、どこも満席に近いくらいにぎわっていました。

そして、銀ブラのスタート地点に到着。

あまり時間もなかったので、軽く炊飯器コーナーだけ散策し銀座を目指します。

ここからの景色が好きなんですよね。

”銀座入り”する感じ。

この写真には、「首都高とプリマハム」という題名を付けました。

銀座の網目を練り歩きます。

久々の感覚ですね。

人も車もしっかり戻ってきていました。

何気ない通りすら映えるのがザギンです。

ここで、一回おでん屋さんに入ります。

ザギンでおでんといえば、こちら。

冬に挨拶するために、軽くいただきます。

やっぱり、「大根」と「ちくわぶ」ですね。

我慢できず、「おでん屋さんの卵焼き」をいただきます。

お値段も手頃(カウンターお1人前限定300円)なので、正直そこまでは期待していませんでしたが・・・

これがメチャクチャ美味しい。

完璧でした。

後ろ髪をひかれつつ、待ち合わせへ。

会食など。

ここでも、冬にご挨拶。

冬はプリン体が美味しい季節ですね。

忘れてはいけない、ザギンといえばこちらも。

お姉さんたちも元気そうでした。

軽く「クールダウン銀ブラ」をして

オシャレに締めます。

簡単ですが、以上です。

久々の銀ブラでしたが、やはり歩いているだけで楽しい。

人もある程度は戻ってきている感じがしました。

ただ、お店の人や送迎車やお姉さんたちが目立っていたので、もしかしたらお客さんは・・・という気がしないでもありません。

年配の方に関しては、少なくなっちゃった印象。

あの「コリドー」にも顔を出しましたが、若者は増えている気がします。

相変わらずごちゃごちゃしていました。

お店に入れなくて(やはり席の間隔を空けているお店が多い)、頑張って探している人も多かった。

今まで遊べなかった反動で終わらず、安定して賑わいを取り戻して欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました