イギリス人が食べているらしい「ポテトチップスのサンドイッチ」を作ってみた

硬派な自炊

「イギリス」ってかっこいいですよね。

「大英帝国」って強そうだし、相変わらず”世界を支配している感”がすごいです。

イギリスのすごさはたくさんあって、長くなるのでとりあえずここで語るのは控えます。

ただ、この大英帝国は”料理に難あり”ということでも知られています。

はっきり言えば、「イギリス料理ってまずいよね」というのが定説です。

決してそんなこともないようなのですが、まあ周囲のヨーロッパのオシャレ国家に比べれば、料理においては地位が低くなってしまうのは仕方がないでしょう。

そもそも、料理のバリエーションが少ない。

  • ポトフ
  • フィッシュアンドチップス

くらいしかパッと思いつかないことも事実です。

帝国の癖に意外とたんぱくです。

他国を支配して種類増やせばいいや、と考えていたのでしょう。

で、いつだったか、

最近のイギリス人って何食べてるのかなー?

となんとなく調べてみて、

ポテトチップスのサンドイッチを食べるらしい

っていう記事を見つけて、

まあ、機会があったら食べてみよう。

と思っていました。

そして今回、偶然ポテトチップスを入手する機会があったので、思い出して作ってみた次第です。

イギリス人はポテチサンドを食べる・・・という話が出回っていますが、詳しくは「アイルランド」の料理らしいですね。

アイルランドの北部なのかそうではないのかで、”イギリスの”と言っていいかどうか変わると思いますが、追及すると揉めそうな議題でもあります。

政治の話はやめておきます。

ちなみに、このポテチサンドは正確には「クリスプサンドイッチ」っていうらしいです。

クリスプサンドイッチの作り方

用意した食材はこちら。

  • ライ麦食パン
  • キューピーマヨネーズ
  • コンビニのビニールの中に入っているサラダ
  • プロ野球チップス

本来であれば「ピクルス」を入れるべきなのですが、コンビニのサラダで代用。

その分、「ライ麦パン」でオシャレを担保します。

更に、カルビーとキューピーの夢の競演をプロデュース。

特に困難もなく完成。

合わせるのはもちろんミルクティー。

甘すぎて、二口でギブアップ。

イギリス人への道は長い。

サンドイッチはと言うと・・・

味は完全に予想通り。

こうなるのも、予想通り。

思っていたよりも、かなり早い段階で飽きてしまうのは予想外。

とにかく、ぱさぱさしていました。

急遽「2種チーズのピザトースト」を召喚。

「サルサソース」と「マヨネーズ」と「ケチャップ」を合わせた特製ピザソースをたっぷり塗り

「とろけるチーズ」ととろける「モッツァレラチーズ」をオン。

ぜひ、真似してみてください。

クリスプサンドを作る際の注意点

上記のレシピだと、非常にぱさぱさしている食べ物ができあがります。

なんとなく「ポテサラサンド」をイメージしていたのですが、圧倒的なぱさぱさ感。

ライ麦パンがぱさぱさを加速させているので、作るなら「普通の食パン」をおすすめします。

更に「8枚切り」にしましょう。

今回は「6枚切り」だったことも敗因か。

コンビニで売っている”野菜サラダらしい野菜サラダ”を使用してしまいましたが、これがピクルスだったらまだマシだったのかなとおも思います。

あと、「ソース」とか「ウスターソース」とかも合いそうですね。

ポテチって、実質コロッケなので。

お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました