一番手軽にロック氷を作る方法と「神戸ハイボール」は自分が一番最初に作ったと思っていた話

ウィスキー

氷にはこだわってください。

プロアマ問わず、お酒に関する話において必ず聞く言葉です。

何を当たり前のことを。

言われるまでもないんだよ、と。

ついね。

実際、ちゃんとした氷の方が美味しいに決まっています。

僕もある時からウィスキーだけでなく、チューハイ類にも「買った氷」を使うようになっちゃいました。

贅沢と言えば贅沢ですが、100円で大容量のものが売られている時代です。

ただ、もっと”サイズ感”が欲しい時あるじゃないですか。

普通の氷だと2~3個必要だけど、1個で済ませたいよねと。

ちゃんとしたやつ1個にすれば、多少は経済的だよねと。

むしろ、「1個じゃなきゃいやっ」て時ないですか?

1個の方が美味しくなりそうな予感がする時。

でも、バーみたいなロック氷はない・・・

そんな時には、作ればいいじゃんって。

1個あるだけで安心だね

で、簡単に作れる時代です。

ウィスキーのロックに使うような、大きめの氷を作れる容器がいくらでも売っています。

綺麗な氷とか、かっこいい氷、オシャレな氷、何より美味しい氷作りが流行ってます。

百均から高いやつまで、いろいろな容器がありますね。

だからこそ、ケチりたい。

ケチるというよりは、工夫したい。

もっと簡単に、手軽に作りたいと思いませんか?

その際には、「ゼリーとかプリンとかが入っている容器」がおすすめだよというお話です。

これです。

こう。

グラスに入れて、こう。

もう少し多めに水を入れてよかったですね。

接写!

ちょうどいいんですよ。

角が取れやすいことが難点。

ちょい水割りになる前提で、2~3個入れてもいいかもしれませんね。

更に、最大の秘密を記しておきます。

「もずく」とか「めかぶ」の3個売りとかのケースが最高です。

これを冷凍庫に1個常備しとくだけで、安心して夜を迎えることができます。

3個あれば、もう無敵です。

Need is the mother of invention

ウィスキー

とくれば、「神戸スタイル」です。

「神戸ハイボール」と呼ばれるものですね。

正式には、「神戸スタイルハイボール」でしょうか。

何かというと、「氷が入っていないハイボール」です。

尚且つ、ステアもしないと。

  • 冷えたグラスにウィスキーを適量
  • 勢いよく炭酸水を注ぐ

で、完成

これです。

利き腕と逆の手で1Lのペットボトルから注いでるので、ブレは許してください。

とにかく、氷ナシでステアもしない。

グラスだけでなく、ウィスキーも炭酸水もキンキンに冷えてやがるのが望ましいですね。

で、これなんですけど、一時期まで僕が開発したと思っていたんですよ。

以前、”氷がない”っていう絶対絶命に陥ったことがありまして。

マドラー(割りばし)もないと。

確か、金もなかった気がします。

何も持たざるものだった頃。

ウィスキーと炭酸だけはある。

それでも、おいしいハイボールが飲みたいと。

必要は、発明の母だと思いましたね。

後日、それが神戸スタイルというものだと知った時は、すでに存在していたことに対してちょっとがっかりすると同時に、自分の才能に震えました。

僕が開発した時は、ウィスキーも炭酸も常温だったと思います。

それはそれでオリジナルですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました