「銀ブラ」する際の正しいスタート地点とゴールとは

夜の銀ブラ

みなさん、銀ブラしてますか?

いよいよ始まりました、銀ブラシリーズ。

ここ最近は足が遠のいていましたが、実は僕もそこそこブラブラしていた身です。

もう一度、銀座を楽しめるようになるために、また少しずつ動いていきます。

昨今の情勢もあり、なかなかブラブラしづらく、ブラブラしたくて震えていた方も多いと思います。

いよいよ緊急ブラブラ禁止令も終わり、満を持してブラブラできるようになりました。

改めて説明するまでもないですが、「銀ブラ」とは”銀座をブラブラ散歩すること”です。

動詞ができてしまうって、すごいですよね。

”そこを歩くこと”を意味する単語が存在する。

ちょっといやらしいですが、それに価値があるということです。

そこを歩くことは、誇らしいことであると。

とはいえ、銀座を歩くこと自体は誰でもできます。

憲法で保障されているので。

ただ、

「それは、本当に銀ブラなのかい?」

ということなんですよ。

諸先輩方が多くいる中、僕が偉そうに語るのもおかしい話ですが、皆さんがちゃんと正しい銀ブラをできてるか心配です。

もちろん、奥が深すぎる話題です。

簡単には語れません。

なので、今回は銀ブラにおける「正しいスタートと正しいゴール」だけとりあえず提案しておきます。

もちろん、様々な意見があるでしょう。

”ご提案ベース”というやつです。

銀ブラが始まる場所

まずは、銀ブラの際のスタート地点について。

結論から言えば、「ビックカメラ有楽町店」になります。

特に、これは夜銀ブラで顕著です。

お昼の銀ブラの際は、最初から予定があって銀座に行くことも多く、そこからスタートすることになるのは仕方がないことです。

一方、「突発的銀ブラ」が多くなる夜銀ブラの場合には、一度ビッグカメラに寄ることが望ましいです。

銀座に挑む、準備と覚悟をする必要があります。

まず、2Fのお酒コーナーに行きましょう。

有楽町店はお酒コーナーがけっこうガチです。

特にワインが揃ってます。

何万何十万円するワインもディスプレイされています。

「高いなー」とか、「これお店で開けたら3倍かー」とか、ぶつぶつつぶやきましょう。

次に、ウィスキーコーナーを見ます。

そこそこ揃ってます。

どこか適当なお店に入って、このウィスキーがあったら、飲んでみようと妄想しましょう。

僕の場合は、この後に「HD」や「SSD」の価格をチェックしに行きます。

余裕があれば、炊飯器コーナーやオーブンレンジを見ます。

その辺は、どうでもいいです。

このビックカメラ有楽町駅店を起点にする意味は、いろいろありますが・・・

その最も大きな理由として、

東京駅~新橋駅が銀ブラの範囲内である

ということが挙げられます。

この辺は個人差があります。

僕の場合は、”歩いてこそ”という段階です。

銀ブラはスポーツなんですよ。

これは完全に個人的なイメージなのですが、銀座という概念は広いものです。

これを縮めていくのが、成長なのかなもしれません。

東京~新橋、その丁度中間にあるのがビックカメラ有楽町店なのです。

だから、ちょうどいいのかなーって。

もちろん、銀座の中心と言えば、やはり「セイコー」の時計台があるビルディングでしょう。

ただ、「あの交差点」をスタートにすると、逆にそわそわしちゃうかなと。

ビッグカメラで酒を見て、最新の家電をチェックして、あの交差点の方に向かうのです。

銀ブラを終わらせる場所

銀ブラの終わりは単純です。

「銀座駅」です。

乗り換えとか、関係ありません。

「有楽町駅から乗りたいよー」という方であっても、必ず銀座駅から乗るようにしましょう。

タクシーで帰る方も多いと思いますが、せめて銀座駅に挨拶してからタクシー捕まえてくださいね。

礼儀なので。

東京に来た際はぜひ銀ブラしてください

銀ブラの話をしている時点で、ちょっと調子に乗っている感がありますね。

日本は東京だけではないですし、銀座も中央区の一部に過ぎません。

ただ、銀座は多くの方が思っているよりも素晴らしい街です。

東京に来た際はぜひ行ってみて欲しいと思います。

いろいろなタワーやツリーやヒルズやマルキューに行くのもよろしいでしょう。

しかし、歩くことだけですでに価値があるとされる珍しい街です。

結果的に、めちゃくちゃお得なんですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました