Netflixの「浅草キッド」はお笑い感動ジャンル属浅草キッド系映画の最高傑作なのでもうこれで終わりにしよう

硬派な映画

2021年の12月9日をけっこう楽しみにしていました。

特定の日を楽しみにするのは、久しぶりな感じ。

楽しみにしつつ、心配もしていました。

「浅草キッド」がNetflixで配信スタートする日。

北野(ビート)武の自伝的小説である、浅草キッド。

弟子のコンビ名でもある、浅草キッド。

名曲の題名にもしている、浅草キッド。

監督が「劇団ひとり」であるということが、とにかく心配だった。

芸人としての劇団ひとりは、まあまあ好きです。

面白いなーと思って、繰り返し見た時期もあるくらい。

ただ、最近は小説だの映画だのと”そっち(文化)”に行ってしまった感があり、ちょっとなーと。

しかし、その”走り”こそがビートたけしであり、北野武であり、たけしさんであると、思い出すきっかけにもなりました。

芸人が”そういう感じ”に進む、先駆けとなった人。

そして、未だにそこまでたどり着いている人はいない。

この映画を見て、なんとなくだけどその理由がわかった。

真人間ぶる芸人が増えたことに、怒りを隠せないたけしさん。

「芸人なんて、いい人でもなんでもない」

というのが、よく分かる映画だった。

もちろん、それだけではないけれど。

オチが分かっているだけに、感動物語だけで終わらなくてよかった。

僕は昔、たけしさんの熱狂的な信者と遊んでいた時期があって、その人の前で「たけし」と呼び捨てにすると怒られたので、敬称を付ける癖がついてしまいました。

更によく考えたら、たけしさんの監督作品も、ほとんど見ています。

あと、僕が「煮込み」と「チューハイ」にこだわる理由もなんとなく、”これ”なのかと。

そんな僕が、見た記録。

以下、絶妙なネタバレあり。

偉そうなこと言ってます。

個人的な感想なので、許してください。

全体的にとてもよかったです

あらすじはインターネットのどこにでもあるので、省きます。

面白かった。

正直、中身はあまりないです。

薄いです。

でも、よかった。

たけしさん役の割に彫りが深すぎるだろー

と思っていた柳楽優弥さんは、すごくハマっていた。

特に、襟足がよかった。

門脇麦さんも、いい感じに成長していた。

鈴木保奈美さんも、いい感じに歳をとっていた。

この映画を見た後だからこそ残念なのか、いいことなのか・・・

大泉洋はやっぱりコメディアンよりも、役者の方が向いていると思った。

きよしさん役のナイツの土屋さんもよかった。

ただ、この作品はやはり柳楽優弥に尽きるでしょう。

猫背でフラフラしている感じとか、”たけしさんの若い頃感”がしっかり出てた。

大泉洋扮する「師匠」に「やめます」と伝えに行く時とか、すごくよかった。

話の内容は、予想通りの感じ、というか原作もあるし、過去に起きて分かっていることだし。

ただ「たけしさんがまともなこと言っている」という画は、意外と斬新だった。

売れて帰って来たたけしさんの漫才を見る門脇麦は、「男を見る女」の傑作でしょう。

あと、予告編にも出ちゃってるんだけど、クライマックスの”スロー”の使い方が、マジでいい。

超単純なエフェクトを、超効果的に使っていますね。

あと、主婦の買い物袋には「長ネギ」が入っていなければいけない、入っているべきである、ということを改めて確認。

「浅草キッド的なもの」はこれで一回終わりにしよう

浅草キッドみたいな話

芸人の感動物語

みたいなものは、これでひと段落つけて欲しいなと。

ちょっと、最近多かったですね。

エンディングとか挿入曲で浅草キッド流しとけばいい、みたいな世間の雰囲気もあった。

「たけしさんに許可もらって~」みたいな話まで、セットになっていた。

それって、たけしさんが違和感を感じていたものに他ならないのでは?と。

芸人使って感動させちゃダメだろと。

まあ、浅草キッドはいい曲ですよ。

カバーされたりもしていますが、やっぱり本家が一番いいですね。

YouTubeにあったやつ、貼らせてください。

こっちもいい。

これが、”芸”です。

「鯨」です。

でも、そんなことで感動してはいけないのでしょう。

向こうは「見せてやっている」という態度であり、それを隠していないことが分かる映画がせっかくできたわけだし。

何が本当なんだろう?

本当のあの人はどんな人なんだろう?

本音なのか建て前なのかわからせないのが、芸人だろうと。

とにかく、けっこうよかったです。

見た方がいいですよ。

インコは何かのメタファーなのかな、と思ったら、そうでもなかったですね。

ストリップの前にマジ歌を歌って客に「早く脱げ」って言われた後の、切り替えの早さが時代だなーと思った。

ふと、ネズミを素手で潰している祖母を思い出した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました