そろそろ「缶チューハイの王様」を決めよう-候補になりそうな商品をピックアップしてみた-

缶チューハイ

流行ってますね。

缶チューハイ。

レモンサワーブームに沸いた世間が一転、昨今の情勢もあり”家のみ”が主流になりました。

となると、やっぱり「缶が手軽だよね」となり、缶チューハイに目が向くのは必然。

「ほろよなんとか」みたいなジュースから「ストゼなんとか」という薬品まで様々な種類がありますね。

で、ちょっと待てよ、と。

「ちょ、待てよ」と。

「缶チューハイってなんだっけ?」と。

あなたが飲んでいるのは、本当に缶チューハイなのでしょうか。

缶チューハイではないものが、缶チューハイを名乗っていませんか?

それでいいんですか?

僕は、よくないと思います。

缶チューハイについて振り返りつつ、缶チューハイの王様を決めることにしました。

缶チューハイとは

缶チューハイって、缶に入っているチューハイなんですよ。

チューハイが入っていなければ、缶チューハイにはならないんです。

チューハイって、「焼酎ハイボール」なんじゃないんですか?

焼酎じゃなきゃダメなんじゃないんですか?

なんなんですか?

原材料名に「ウォッカ」とか書いてある、自称缶チューハイが非常に多くないですか?

もちろん、ウォッカもいいお酒ですよ。

ただ、その時点でチューハイではないんですよ。

ウォッカならまだ名前を名乗っているのでマシですが、「スピリッツ」とか雰囲気でごまかしているものも多いです。

僕が言いたいのは、それだけです。

でも、待てよと。

筆箱に筆が入っているのか?と。

下駄箱に下駄入れてるのか?と。

バージンロードを歩く○○がいるのかと。

そういった意見がある方もいるはずです。

これが屁理屈なのか、屁理屈ではないのかの判断は、人によって違うと思います。

でもね、できることはしていきましょうよ。

缶チューハイには、チューハイが入っていて欲しいんですよ僕は。

やはり「タカラ」が主役になりそう

ちょっと一気にレベルが上がってしまいますが、王様を決めようかなと。

今回はまだ僕の実力不足もあり、候補だけを挙げる形になります。

1人だけで決めちゃうのは、民主主義ではないですし。

あくまで、その資格がある者達を集めてみました。

  • タカラcanチューハイ
  • 宝焼酎ハイボール
  • ハイリキ(アサヒビール)

どうしても、この3種になります。

タカラcanチューハイ

我が国には、もうメチャクチャ分かりやすい宝があります。

「寶(TaKaRa)」って、名乗ってますから。

母音である”a”を小文字で統一するオシャレ企業。

ご存じ、「宝酒造株式会社」です。

甲類焼酎の最大手と言っても過言ではない、知らない人はいないメーカーです。

代表作はたくさんありますが、あの赤いキャップの「宝焼酎」が一番有名ですね。

そんな宝さんの超ロングセラー缶チューハイ・・・

元祖缶チューハイであり

永久不滅の存在である

「タカラcanチューハイ(プレミアム)」です。

原材料:焼酎、レモン果汁、糖類、香料、紅花色素

優勝候補筆頭です。

実際に、「日本初の缶入りチューハイ」というポジションです。

ただ、ちょっと高い。

宝焼酎ハイボール

同じく宝酒造が販売する「宝焼酎ハイボール」は、手に取りやすさが魅力です。

原材料:焼酎、糖類、酸味料、香料、カラメル色素

いろいろな種類があるのが、最大の特徴でしょうか。

極めてドライです。

「俺これ好きなんだよねー」と言えれば、”一端の飲酒人感”があります。

各種味を含めれば、売り場面積は最大でしょう。

大衆の支持の証である”数”という意味では、王に相応しいかもしれません。

焼酎屋さんが作った缶チューハイはうまいだろう

という単純な理由でも、上記2種は完全に缶チューハイ界に君臨する存在と言えるでしょう。

ハイリキ

「ハイリキ」もまた、歴史のある缶チューハイです。

焼酎(国内製造)、レモン果汁、糖類、炭酸、香料、酸味料

ただ、甘い。

ちょっと胸やけがします。

逆に、好きな人も多いはずです。

否定はしません。

時々、無償に飲みたくなりますね。

いろいろな種類を飲むなら、1缶は欲しい存在です。

ハイリキが置いてあるスーパーは、ちょっとポイント高いです。

瓶で売られているものもあり、独特の存在感を放ってします。

ハイサワー缶

こちらはちょっと王からは遠いかもしれません。

「わ・る・な・ら・ハイサワ~」の割材でお馴染みの、「博水社」が作った缶チューハイがあります。

まさに「ハイサワー缶」です。

原材料 レモン(イタリア産)、醸造アルコール、ワイン、水飴、炭酸ガス、香料

残念なことに、「醸造アルコール」が使われていて「ワイン」まで入っていると。

とはいえ、歴史に残るべき存在であり、否定できません。

”日本初の割材”であり、割材というチューハイに欠かせない存在を支えてきています。

宝焼酎の思い出

ただのラインナップになってしまいました。

ここで小噺を1つ。

昔、居酒屋で宝焼酎をストレートで飲んでいるおじさんがいて

いつか俺も・・・

と当時は思ったのですが、自分もある程度飲むようになり

「ああ、これストレートで飲むやつじゃねぇな」

「あのおっさん、やばい人だったんだな」

って、気づいた時に大人になったような気がします。

以上です。

王様を探そう

もちろん、人によって違う意見もあると思います。

いいじゃないですか、みんなそれぞれの王様を飲めば。

この記事に関しては、何のバイアスもかかっていません。

僕が勝手に決めてしまいました。

ご意見がある方は、何等かの形でぜひご連絡ください。

一緒に飲みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました